全ての入院患者様の苦痛緩和を目指します!

概要

癌、心疾患、帯状疱疹後などの患者様の心や身体の痛みに対して、症状の緩和を図ることが目的です。主治医から依頼があった患者に、専門チームとして症状緩和のサポートを行っています。

症状緩和チームは医師、薬剤師、看護師、栄養士、作業療法士、理学療法士、臨床心理士、メディカル・ソーシャルワーカーから構成されるチームです。

当院では週1回のチームカンファレンスと病棟ラウンドを実施しています。それぞれの職種が多角的に患者様の症状を評価することで苦痛緩和を目指しています。

特徴

症状緩和チームは身体の痛みを診る麻酔科医と、心の痛みを診る心療内科医を筆頭に構成されています。 緩和医療において薬物療法を選択することが多いため、薬剤師は症状緩和のみならず薬物療法全般の管理が求められ、良質な薬物療法を支援しています。